本文へ移動

鴨居ジャッキ

用途 & 使い方
  • 木造の造作用ジャッキです。
  • 柱間に設置し、押し広げることで鴨居や無目を容易にはめ込むことができます。
  • 垂直に設置し軽量物の仮支えとしても使用できます。
Point!共通ポイント!
 
  • 延長管の組み合わせにより3尺間から12尺間まで使えます。
  • ゴムベース付で木材を傷めません。
  • 設置に便利な圧縮スプリング付
  • 転がりにくく、スミ線に合わせやすい角ベース付
警告マーク(三角) 注意
 
必ず取扱説明書をお読みください。

鴨居ジャッキ 38(サンパチ)

Point!ここがポイント!
 
  • スタンダードタイプです。
  • ジョイントロックにより不用意に抜けることがありません。
  • 必要に応じスプリングをロックできます。弾まないので無目の釘打ちなどの支えに便利です。

組み合せ例

□内は許容荷重(静荷重)
形式
パイプ径
セット質量
kg
カートン入数
JK-38
φ38.1
10.5
1セット

鴨居ジャッキ マークII

PAT.
Point!ここがポイント!
  • φ42.7パイプを使用
    鴨居ジャッキ38よりも丈夫です。
  • 操作が軽いスラストボールベアリングを採用
  • ジョイントロックにより不用意に抜けることがありません。

組み合せ例

□内は許容荷重(静荷重)
形式
パイプ径
セット質量
kg
カートン入数
JK-20
φ42.7
11
1セット
TOPへ戻る